長野県駒ヶ根市赤穂4013

電話 090-2448-4669(電話受付時間 平日午前8時~午後5時)

助産院玄関

看板は主人の会社の常務に書いていただきました。

大満足です。

廊下

緊急時に備え、廊下は広くしました。

二人並んで歩けます。

診察室とお産のお部屋

建具や床は無垢板を使用しました。

気分が落ち着けるように、やや暗い塗装をしています。

塗料は、赤ちゃんがなめても安全なお米から作られた塗料です。

私が塗りました・・・全部じゃないけど(*^^)v

入院室

お母さんが気持ちよく育児ができるよう、明るい色のお部屋にしました。

洗面台

女性らしく優しいピンク色の陶器を設置しました。

トイレ

大人用のトイレの横には、ちいさなかわいらしい幼児用トイレも設置してあります。

お子さん連れの妊婦さんでもゆったり入れるよう、十分なスペースを確保しました。

浴室も完備しています。

 

食事は栄養バランスを考えて手作りしています。

主人の父が作った野菜をたっぷり使用。

おしゃれな料理はできないけれど、「これなら私にも作れる」とお母さん達に感じていただけるような『おふくろの味』メニューを考えています。




お兄ちゃんお姉ちゃんと赤ちゃんの3人で足の大きさ比べ。

お姉ちゃん、とっても嬉しそう(^o^)


手作りの胎児人形。

性教育講演の教材は、温かい気持ちになれるよう手作りにこだわっています。

 

ちょっと余談ですが・・・・(笑)

来院される方が心地良く過ごしていただけるように、ちょっとした工夫を施しました。

駒ケ根の冬は寒さが厳しく、暖房は欠かせません。

お部屋は暖かくても、廊下やトイレが寒くて「これは何とかしなくては!」と思っていました。

玄関から入る冷たい空気をシャットアウトするために、廊下の間口いっぱいにビニールカーテンを吊り、助産院の熱損失を防ぐため、手作りの内窓を作りました。

作り方は簡単です。窓の内側に、食器棚のレールを上下に貼り付けます。そこに、プラスチックダンボールを窓のサイズに切ってはめこむだけです。取っ手もつければ開閉が楽にできます。

これでずいぶん院内全体が暖かくなり、結果的には暖房費の節約にもつながっています。

ぜひ皆さんもご家庭に取り入れてみてください。